reynato.tokyo

CREATIVE TOPICS

2018.07.19

色にこだわったwebデザイン

Scroll Down

あなたがよく目にするwebページ。

webサイトを見て何かを購入する人の多くが、そのサイトデザインの基調となっている色をその判断基準にしているという驚きの調査結果が出ています。

では、商品をたくさん売るためにはどんな色のサイトにすればいいのでしょうか。

それはそのサイトでどんな商品を取り扱っているかにもよります。

見ているだけで心がなごむ赤や黄、オレンジといった暖色系、ゆったりと落ち着く青や緑といった寒色系、シックで都会的なイメージのある白や黒。

そうした色にはどんな効果があり、どのように使われているのでしょうか。

 

 

暖色系のイメージ

 

視覚に暖かそうな印象を与える赤や黄、オレンジなどの色を暖色と呼びます。

暖色系の色は、人に和やかで優しそうなイメージを与えますね。

主に体の活動を活発化させる交感神経に働きかけると言われています。

その影響で、見ている人の食欲を増幅させたり、空腹感をあおったりする効果もあるそうです。

そのためか、グルメ系のwebサイトは暖色系でまとめられていることが多いようです。

では、暖色系のそれぞれの色について、ひとつひとつ見ていきましょう。

「赤」は、血や火、熱帯の花などを彷彿させます。とにかくエネルギッシュで華やかなイメージです。

疾走感あふれるスポーツチームや車のサイト、あでやかな衣装を扱う和装屋などのサイトで効果的に使用されています。

「熱さ」や「変化」と言った言葉を使った、躍動感あるコピーなどをかかげた企業では、この赤い色を会社のイメージカラーとして、サイトにも多用していることが多いようです。

何よりも親しみやすさを覚える「オレンジ」。人の購入意欲をあおる色だと言われており、通販サイトの購入ボタンはオレンジであることが多いそうです。

同時に家庭的なイメージも持たれており、幼稚園や保育園、料理のサイトなどにもこのオレンジの色が採用されています。

柔らかな印象の強い「黄」。元気の良さやかわいさといったものをイメージしています。

子供用品の色にもよく使われるように、ほんわかとしたファンシーな印象をつけたい時は、この黄色い色を使うことが多いようです。

かわいいマスコットをあしらったグッズなどを主力商品とするメーカーやサイトで使われるのをよく見ますね。

 

 

寒色系のイメージ

 

視覚に寒そうな印象を与えるのが青や緑といった、寒色です。

寒色系の色は、安心感や落ち着きがあります。

主に体をリラックスさせる副交感神経に働きかけると言われています。

次に寒色系の色それぞれの持つイメージについて説明します。

水や空を連想させる「青」には清潔感があります。

そのため、医療系のwebサイトには、青い色がよく使われています。

また水や空のイメージからそれらに関連する企業やもの、船や飛行機、水族館などのサイトも青を基調としたものが多いです。

また海沿いの市町村などが、町のイメージカラーとしてそのサイトに青を多用しています。

「緑」には癒しや安らぎの効果があります。これは草木や風、自然のイメージがそこにはあるからだと言われています。

農業系、環境系の研究機関や大学機関、自然豊かな地方の市町村、自然科学系のカラーイメージのある組織がこの色をサイトに使っていることが多いようです。

また工業系のメーカーなども環境を意識して、本来のイメージとは逆の、緑を使ったサイトを展開することもあります。

「紫」には高貴さや優雅さといったイメージがありますね。

宗教が深く絡んでいる葬儀屋や、優雅さの象徴でもある着物を取り扱った業者などが、この色をうまく配色したサイトを作っています。

伝統のある旅館や寺院などのサイトにも、古いものの持つ高貴さと結びついて、この色が多く使われています。

 

 

モノトーンのイメージ

 

モノトーンというのは、黒や白、グレーなどの色です。

これらの色を無彩色と呼びます。彩度をゼロまで下げたら、どんな色も無彩色になります。

この無彩色は、どんな有彩色とでも相性がよく、組み合わせ次第では、文字やボタンを強調させることができます。

例えば、白いベースの上に濃い目の赤文字を表示させたり、黒いベースの上に明るい緑のボタンを配置したりすると、浮いたように見え、とても目立ちます。

この無彩色をサイト自体のカラーに使用すると、とても落ち着いた上品で安定したサイトになります。

日本国内のサイトにはとにかく、この無彩色のサイト、とりわけグレーを使ったサイトが多いと言われています。

これまで見てきたように、それぞれ色を使うとそれだけで、そこに強いメッセージ性を持たせることができます。

ですから、逆にサイトを見た時に、まず色だけで相手に与えてしまう先入観を避けるため、無彩色を使う企業が増えているようです。

「白」には清潔さや純粋さ、平和や無限といったイメージが、「黒」には高貴さ、神秘さ、恐怖や重みといったイメージがあります。

ですが、白や黒、グレーといった無彩色は、前述したように、とてもまとまりがよく、有彩色との相性の良さからイメージよりも使い勝手が先行しています。

つまり、無彩色は色がないということと同義で、どんなものを扱っているサイトにも合うのです。

それゆえに扱いが難しく、うまくデザインしないと、とてもあっさりとした、印象に残らないサイトになってしまいかねないということも留意してください。

 

 

まとめ

 

このようにサイトの配色が、取り扱っている商品やものと合致しているかどうかはとても大切です。

例えば、子供が見るサイトなのにベース画面が黒だったりしたらどうでしょうか。

また、硬派なイメージのロックアーティストの公式サイトが、黄色と白で構成されていたら、どうでしょうか。

ミスマッチで、それらのイメージにはそぐわない感じになるでしょう。

さらにさまざまな色を複合的に組み合わせることで、まったく違う印象になることもありますから、色々と組み合わせを変えてみて、サイトのデザインを研究してみると面白いかもしれませんね。

 

 

参考URL

 

https://www.webcolordesign.net/color_basic/color_psychology/warm_cold_color.html

https://ferret-plus.com/308

無彩色が好きな日本人