reynato.tokyo

CREATIVE TOPICS

2018.07.19

洗練されたwebデザインの素晴らしさ

Scroll Down

新しいものが誕生する時、デザインはとてもシンプルで、無骨なものができる傾向があります。

初期の携帯電話などを思い浮かべてもらえればわかりやすいでしょうか。

ですが、機能が増えだすとそれを全部詰め込もうとして、デザインが複雑化し、使いづらくなってきます。

すると今度はターゲットに合わせて、デザインは先鋭化し、洗練されていきます。

こうしたデザインの歴史の変遷は、webサイトでも、同じことが言えるでしょう。

今、求められているのは、洗練化されたwebサイトです。

 

洗練されたデザインとは

 

洗練されたデザインとは、どのようなデザインのことをいうのでしょうか。

それは、わかりやすいということです。

画面が全体的にまとまっていて、どこへ行けば、自分の欲しい情報を見られるのか、すぐにわかる、そして、欲しい情報がなければ、ここは自分の来るべきではないことがすぐわかるデザインです。

そのためにすぐ目につきやすい情報を置いたり、リンク先のボタンを配置したりします。デザインもできるだけ目立ちやすいものにします。

アクセス数の多いコンテンツを優先的に表示し、そうでないものはいっそのこと、消してしまうなどの思いきりが必要です。

訪問者が興味を持つような画像を配置するのも、大切です。

100の言葉を費やすよりも、たった1つの画像を張るだけのほうが、訪問者にすべてが伝わるということもよくあることでしょう。

だからと言って、いくつもベタベタと張ってしまっては本末転倒です。伝えたいことがより伝わる厳選された1枚を張るのです。

使用するロゴもサイトイメージに合ったスタイリッシュなデザインにします。

ロゴはサイトの玄関に掲げる名札です。同時に玄関以外の各コンテンツにも常に表示されることがある大切なものです。

サイトで扱っている内容と合致した、かつ印象に残るロゴにしたいものです。

ただし、情報過多にならないよう注意が必要です。

あれもこれも欲しいと欲張ってしまった結果、洗練から程遠いデザインになってしまうなんてことになってしまっては、元も子もなくなるでしょう。

 

 

ミニマリズム化を図る

 

とにかく、洗練したサイトを作るためにミニマリズム化を図る、つまり、シンプルにすることです。

よけいなものを極力削ぎ落とし、すべてが1画面に収まるようにするのも1つの手段です。

ブラウザで長いスクロールバーをスライドさせながらサイトを閲覧するのは苦痛ですし、前を見返すために戻るのもあまり効率的ではありません。

スマホなどモバイルの場合ならなおさらです。

そして、それは情報に関しても同じです。

よけいな情報がないだけで、そこにはそのサイトの利用者にとって必要な情報がすべて揃っており、一目見ただけでそのサイトのコンセプトが何であるか、わかるようになっていなくてはなりません。

しかし、シンプルだからと言って、ただ文字や写真を表示しているだけではありません。

見映えよくするために最新の機能などを取り込めば、より利用者にとって快適で、何度も来たくなるサイトにできるのではないでしょうか。

よけいなものをすべて排除して、必要なものだけを残す。

このミニマリズム化は、サイトの持つメッセージをより伝わりやすくするためのものです。

また読み込む時間を減らし、画面の解像度によってデザイン崩れを起こすこともなく、閲覧に無用のストレスを与えないようにするという目的もあるのです。

 

洗練するために必要なこと

 

90年代末に個人サイトを作ることが流行った時期には、とにかく、使える機能をふんだんに使った個人サイトが横行しました。

文字が点滅したり、画面上をスクロールしたり、カーソルにエフェクトやマスコットのアイコンみたいなものがついてきたり。

今見ると、少し悪趣味とさえ思えてしまうくらいに派手派手しく、意味のないものです。

これは色々なところで聞きかじった面白そうな機能を、なんのポリシーもなく全部、サイトデザインの中に盛り込んでしまった結果です。

そのため、何を伝えたいサイトなのか、わからなくなってしまっていたのです。

現在でも、これらの二の轍を踏んでいるサイトも中にはあります。

ですが、プロのwebデザイナーが仕事をしている昨今では、とても視覚的にミニマムでわかりやすいサイトがたくさんあります。

まず、洗練化させるために必要なことは、サイトを作るに当たって、閲覧者に何を伝えたいかということを決めることです。

メッセージが決まれば、それをどう伝えるか、そして、そのために、サイト内において何が必要な情報で、どれがそうでないかがわかってくることでしょう。

あれもこれもと、欲張らないことが大切です。

サイトに入れたいけれど、デザインが複雑化しそうなものは切るという勇気が必要です。

必要なものを何度もリストに書き出しては、消しを繰り返すことで、自ずと見えてくるものがあるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

 

利用者はとにかくそれほど我慢強くもありませんし、マメでもありません。

欲しい情報がそう簡単に手が入らないとなると、すぐに別のサイトを探しにいきます。

ですから、webデザインには常にわかりやすさが求められているのです。

そのわかりやすさの答えのひとつがこの洗練されたサイトです。

どこに何があるか、手に取って見えれば、その良さを知ってもらえ、サイトで扱っているものへのアクセスも高まるでしょう。

webサイトを作る時は、こうしたミニマリズム化を踏まえて、うまく使っていきたいものです。

 

 

参考URL

 

https://ferret-plus.com/6348

http://blog.btrax.com/jp/2013/09/16/minimal-design/